貴社のウェブサイト、4月以降検索順位落ちるかも。

「モバイルフレンドリー」をチェックしませんか?

以前からGoogle検索で、モバイル対応されたサイトは

「モバイルフレンドリー」をチェックしませんか?

の様な、ラベル付けがされるなどモバイルフレンドリーなサイトを識別できる様に成っていましたが、今年2月末にGoogleから正式発表がありました。

検索結果をもっとモバイル フレンドリーに
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

上に書きましたが、これまでGoogleはスマホでの検索結果に「スマホ対応」とラベルを貼ってきましたが、2015年4月21日からこのラベルのないサイトに対して、検索順位を落とすとのこと。
あくまでもスマホでの検索結果に対しての事なのですし、・タブレットからのアクセスが全体の何パーセントかはサイト毎に異なるので解りませんが、少なくとも何かしらの影響があることは間違い無いかと思います。

貴社のウェブサイトがスマホ対応出来ているか確認する方法は2つ

の二つです。

制作会社に依頼している方も、ご自身で管理運営されている方もウェブマスターツールは導入された方が良いと存じます。
ウェブマスターツールのお話しは別の機会にさせていただくとして「モバイルフレンドリーテスト」でも、

  • スマホ対応出来ているか?
  • 改善すべきポイント

が解ります。

スマホ対応できている場合

「モバイルフレンドリー」をチェックしませんか?結果OK

スマホ対応できていない場合

「モバイルフレンドリー」をチェックしませんか?結果NG

Googleが無償で提供しているモバイルフレンドリーテストでは、 Botがどのようにページをみているかを確認することができます。

早急なスマホ対応の必要性

今回のGoogle発表では、スマホ対応出来ていないウェブサイトに関しては、すべてではないが自然検索からの集客を失ってしまう可能性があることが明らかになりました。未だスマホ対応していないウェブサイトは、早急に何かしらのスマホ対応が必要になります。

Google推奨の「レスポンシブウェブデザイン」

いくつかあるスマホ対応手法の中で、Googleが推奨しているのが、「レスポンシブウェブデザイン」です。

●参考 Google ウェブマスター向け公式ブログ: Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/06/google.html

この方法は、一つのhtmlソースで「スマホ」「」「パソコン」など多くのデバイスに対応出来ます。
また、今後更新・運営される際にも「スマホ用」「タブレット用」「パソコン用」と管理しなくても良いので、ミスや手間の軽減も可能です。
株式会社エスエステイでも、こちらの方法を推奨させていただいています。

もちろん、個別にhtmlを作る方法やデータベースを共用しhtmlの出力だけ変更する方法など貴社の環境・状態に併せて臨機応変な対応が可能です。

ウェブサイト運営・更新、そのたの情報に関する不安を取り除きます。
お気軽にご連絡下さい。

ページ上部へ